ブログ

歯はジュースで溶ける?

ブログ

こんにちは。住岡龍一です。

最近はとにかく暑すぎます。皆さんは体調を崩されていませんか?
疲れがたまると、寝ている間にかみしめやすくなり、歯や歯茎の違和感につながりやすくなります。睡眠をなんとかしっかりととるようにしましょう。

今回は、食べ物や飲み物と歯の関係についてです。

歯が溶けていく原因は大きく2つあります。
①むし歯菌がつくる酸・・・お口の中に糖分が入ってくるとむし歯菌は酸を作り、歯を溶かします。
②酸性度の高い飲み物や食べ物・・・ジュースや果物、ビール、スポーツドリンク、ドレッシング等はpH値が低く酸性に偏っているため、頻繁に摂取すると歯が溶けます。

暑い時期、ビールやスポーツドリンク、ジュースをよく飲むと思います。その頻度が高いと、歯は「酸蝕症」という状態になり、むし歯でないのに歯が減っていってしまうということが近年わかってきました。

飲み物や食べ物で歯が減らないためにはどうすればよいのでしょう。酸性の食べ物・飲み物を摂取した後、できる限り早く水やお茶で口の中を酸性から中性の状態に戻すことと、だ液の中のカルシウム成分や歯磨き粉の中のフッ素成分で歯を補強(再石灰化)することが重要となります。だ液の中のカルシウム成分やフッ素成分が多いと、歯は補強されやすく、歯が元気になります。食後の一杯のお水やお茶を飲むことと、時間をかけてしっかりと歯磨きを行うことがより効果的ということとなります。

「酸蝕症」の患者さんの割合は低くはありません。しみたり痛んだりという症状がなく歯が溶けていきますので、気になる方はお声掛けください。

 

カテゴリー

Page Top